アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年1月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
どれくらいで売れるのか
振袖

着物や帯というのは、ピンからキリまで値段は様々です。
数万円程度で買えるものから、数百~数千万円とかなり高価なものまで存在しています。
そのため現在では着物というと、正装や訪問着といった認識が広まり普段着として日常的に着ている人は少なくなってきています。
このような認識があるために、着物や帯の買取というのは高値でやり取りがされていると思われがちです。
しかし実際には、買取価格というのはあまり高くはないのです。
特にリサイクルショップなどで買取する場合には、購入するときに数万円した着物や帯が数千円での買取となることも少なくありません。
保存状態によっては、数百円ということもあるのです。
ですので高値での買取を希望している場合には、オークションに出品すると高値がつく傾向にあります。
というのもオークションというのは、その出品された物に興味のある人が購入するわけです。
そのため「一般的な価値」ではなく、「個人の価値」で価格を決めるからなのです。
リサイクルショップなどでも、希少価値のあるものや有名なデザイナーのものなどは、比較的高値がつく傾向はあります。
しかしやはりそれは、「一般的な価値」が基準となっています。
ですのでそうした珍しいものに関しても、「個人の価値」が優先されるオークションのようなところの方が、高値で買取してもらえる傾向にあるのです。
また、着物や帯を専門に取り扱っているお店などでも、買取を行っているところはあります。
そうしたところでは、通常のリサイクルショップなどよりは高値での買取をする傾向にはあります。
しかしそうしたお店では、買い取った着物や帯を仕立て直しをして、販売をする形をとっているところも少なくありません。
そのため、やはりあまり高額での買取にはならない傾向にあるのです。
着物や帯といったものは、個人同士で取り引きをするのが一番高値がつくと言われている品物です。
ですのでお店等を通さない売却方法の方が、高値になる傾向が強いのです。